最初に覚えておくべきスマートフォンの操作と名称

スマートフォンにはパソコンとも携帯電話とも違う独自の操作の呼び方があります。
まずは、一番最初に覚えておきたい操作の呼び方をご説明します。

タップ

タップはパソコンで言うクリックに相当する操作で、画面を1本の指でタッチします。
2度押し(ダブルクリック)の操作をダブルタップ、長押しすることをロングタップと呼びます。

ドラッグ

ドラッグは、タップやロングタップにより選択した写真などを掴んだまま移動するように指をずらす動作を指します。

スワイプ

スワイプは、指をスライドさせてページをめくるような感覚で、指で画面を上下左右のいずれかの方向に滑らせる操作です。
ページの切り替えやWebサイトなどのスクロールに使われます。
方向により、スワイプアップ、スワイプダウン、スワイプレフト、スワイプライトのように呼ばれることもあります。

フリック

フリックはスワイプと似ていますが、スクロールや文字入力などの際に指で払う操作を呼びます。

ピンチ

ピンチは二本指でつまんだり広げたりする動作で、拡大や縮小に使われます。
つまむことをピンチインおよびピンチクローズ、広げることをピンチアウトおよびピンチオープンと呼びます。

カテゴリー: Androidの基本操作, iPhoneの基本操作, スマートフォン用語集 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です