Wi-Fiのセット販売に気をつけましょう

ここ最近、安くなるから!とスマートフォン購入時にポケットWi-Fi等のデータ通信端末をセットで買わされるケースが増えてきているようです。
たしかに金額面では、主要キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク等)のパケット定額サービスは月額5,000円〜の価格ですので、ポケットWi-Fiなどの月額4,000円弱の方が安くはなります。

販売店側は、端末を売る毎にキャリア(ドコモやau、ソフトバンクなど)からインセンティブと呼ばれる販売奨励金をもらっているので、このような無茶な売り方をしているようですが、ユーザーにとってはWi-Fi接続を使うメリットもありますが、当然デメリットもあることを認識しておく必要があります。

金額が安いと言われる使い方は、スマートフォン本体のパケット接続をOFFにし、全てWi-Fi通信でポケットWi-Fiなどの外部機器を通して通信するということですので、この場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

ポケットWi-Fiを使った運用を行う際のメリット

  • Wi-Fiでないとダウンロードできないコンテンツのダウンロードが可能
  • 最近はポケットWi-Fiの方が速度が速い

これらのメリットはポケットWi-Fiだけでなく、自宅で契約しているインターネット回線のWi-Fiであったり、各キャリアが運営している公共のWi-Fiスポットでも得られるものです。

ポケットWi-Fiを使った運用を行う際のデメリット

  • 必ずスマートフォンと同時にポケットWi-Fiを持ち歩く必要がある
  • 2台の機器の電池持ちを心配する必要がある
  • 一般的にスマートフォンからWi-Fi接続を続けると電池持ちが悪い
  • スマートフォン本体でのパケット通信が必要となるサービスがある

最後のパケット通信が必要となるサービスには、キャリアメール(docomo.ne.jpやezweb.ne.jp)も含まれています。
これらはWi-Fiでも使用できますが、初期設定にはパケット通信が必要となっているケースが多く見られます。
少なくともドコモとauは必要でしたし、ソフトバンクのiPhoneもWi-Fiスポット(ポケットWi-Fiとは別物)を使うための設定には3Gによるパケット通信が必要となります。
つまり、必ずパケットOFFでスマートフォンの全機能が使えるわけではないということです。

いかがでしょうか。
デメリット側に偏った書き方になってしまいましたが、販売店はメリットばかり説明しているようですので、このようなデメリットがあるということを認識しておいていただきたいと思います。

ちなみに、このパターン、契約してから不要な事に気づいても、残念ながら時既に遅しです。
たいていの場合、契約書を書く時に確認事項を書いたペーパーにもサインさせられているはずですので、早期解約=違約金発生となります。

カテゴリー: スマートフォン関連ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です