プレイステーション携帯「Xperia PLAY」発表

プレイステーション携帯「Xperia PLAY」ソニーエリクソンは、プレイステーション携帯「Xperia PLAY」を発表しました。
Xperia PLAYは、2011年3月以降、北米からの発売だそうです。

Xperia PLAYはAndroid 2.3 Gingerbread搭載のスライド式端末で、CPUには1GHzのSnapdragonプロセッサ、Adreno GPU、480×854ピクセルの4インチマルチタッチスクリーン、500万画素カメラ、microSDスロットを搭載しています。
一番の特徴は、何といっても4つのプレイステーションボタンと2つのショルダーボタンでしょう。
アナログコントローラー部には、タッチパッドを搭載しています。

サイズは119x62x16ミリ、重量は175グラム。
連続待ち受け時間は最長405~425時間ですが、連続ゲームプレイ時間は最長5時間35分とのこと。

カテゴリー: スマートフォン関連ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です